兄シンヤです。先日、弟のニイムと一緒に、埼玉県在住のプロマジシャン、ザクト慶さんの事務所に遊びに行ってきました。
 

慶さんは、マジシャンの中でも珍しいほど経済的に成功しています。
 
最初は個人のマジシャンとして始めましたが、7年前から株式会社化し、今では従業員を抱える経営者兼パフォーマーとして大活躍しています。
 
日本では、マジシャンという職業は、なんとなく「お金持ち」というイメージはありません。
 
 
海外では、マジシャンはお金持ちで派手な生活をしている人が多いので、ハリウッドスターとかと同列のイメージです。
 
でも日本では、「マジック一本で食っていく」だけでも大変なイメージがあります。でも、慶さんはそんな日本のマジック業界の一般イメージを見事に打ち砕いて、創業以来快進撃を続けています。
 
 
今回の訪問では、そこに関する慶さんの考えを聞かせてもらいたい!という想いが僕の中にありました。
 
僕とニイムは昼12時過ぎに慶さんの家に着き、そこから慶さんの奥さんのミキさんを交えて、4人で現地の老舗うどん屋さんに連れて行ってもらいました。
 

そこで、おいしい絶品うどんを食べながら、楽しいお話を聞かせていただきました。
 
 
 

子供の頃の夢

午後は、慶さんの事務所&倉庫へ行って、たくさんの「イリュージョン道具」を自由に触らせてもらいました。
 
僕らニイム&シンヤが小学生の頃、始めてテレビで見たマジックは、大がかりなイリュージョンでした。
 
イリュージョンというのは、たとえば美女の胴体が半分に切れたり、たくさんの剣で串刺しになったり。
 
箱の中に入った人が一瞬で入れ替わったり、ギロチンで首を切断されても大丈夫だったり・・・
 
そういった感じの大がかりなネタが、イリュージョンと呼ばれるジャンルです。
 
最近は、テレビでもこういった大がかりなネタをやることは少なくなりましたが、やはり子供時代の憧れはイリュージョンでした。
 
 
 

非日常の道具

でも、実際にイリュージョンをやるマジシャンはとても少ないのが現状です。僕も長いことマジックをやっていますが、実際にイリュージョン道具を見たのは今回が初めてでした!
 
イリュージョン道具がめったにお目にかかれないのには、理由が3つあります。
 
① ひとつひとつの道具がめちゃくちゃデカいので、広い保管場所が必要になる。
 
② 単価が高い。ひとつ何十万円~何百万円の世界なので、ちゃんと元が取れる確信がないと、怖くて投資できない。
 
③ ほとんどのネタが、演じるのにアシスタントが何人か必要。ひとりでは練習できない。
 
つまり、ちゃんとアシスタントを雇って組織として動かないと、イリュージョンマジックを演じることはできないのです。
 
この3つの理由から、イリュージョンマジックはプロマジシャンたちの間でも、敷居の高いジャンルになっています。
 
 
 

大人の遊び場

そんな中、慶さんの会社の事務所の倉庫には、たくさんのイリュージョンマジックの道具がありました!
 
まさに、僕らマジシャンにとっては、「大人の宝箱」です!!
 
片っ端から道具を触らせてもらい、さらには実演させてもらいました。
 
その一部がこれです。
 
↓↓↓
 
↑↑僕の胴体が完全に2つに切れているのがわかるでしょうか?
 
 
(↑このときは、処刑される海賊になった気分でした)
 
いい大人が、非日常的な道具を前にキャッキャとはしゃぐ・・・これを知らない人が見たら、きっとおかしな集団だと思われるでしょう。
 
 
 

「儲ける」という希望

慶さんの会社は、ハッキリ言って、めちゃくちゃ儲かっています!
 
具体的な数値は言えませんが、おそらく日本のマジック業界の常識レベルを超えています。
 
その象徴とでも言うべきものが、この「ザクトカー」です。
 

初めて乗らせてもらいましたが、広い空間にある高級革張りシートがあまりに気持ちよすぎて、クルマの中にいることを忘れてしまうくらいです。
 

お酒や食べ物&飲み物、食器など、なんでも揃っていて、シャワーや洗面台も完備しているので、まるでアパートの一室みたいです。
 
 
このクルマが、慶さんの経済力と快適さへのこだわりを物語っています。慶さんはマジック一本で食っているのはもちろん、正社員を雇ってしっかり福利厚生も充実させています。
 
慶さんがしっかりお金を稼ぐことにこだわる理由を聞いたら、
 
「若いマジシャンたちに夢と希望を与えたいからなんです!」
 
という熱い返事が返ってきました。
 
 
 

あなたはどっちを選ぶか?

多くのお金を望まずに、好きなことでつつましく生きていくか?
 
 
お金のためにいやな仕事をこなしながら、物質的に不自由のない暮らしをするか?
 
世の中には、この2択しかないような風潮があります。
 
でも、「好きなことでお金持ちになることは可能だ」と慶さんは言います。
 
「好きなことを楽しく続けるためにも、好きなことでしっかり稼がなくちゃいけない!」
 
という人生哲学です。
 
 
 

慶さんの成功の3つの秘訣

僕は、慶さんに経営者としての成功の秘訣を聞いてみたいと思いました。
 
そして、いろいろと話を聞くうちに、慶さんの成功の秘訣が3つ見えてきました。
 
 

秘訣①マジックをしっかり「ビジネス」としてとらえている。

慶さんは、しっかりとマジックをビジネスの視点(数字)で見ているのが伝わってきました。
 
お客さん目線でサービスの内容を考え、きちんと収支計算をして、売り上げ予測を立てて、必要な投資をして、決断し、行動に移していく。
 
うまくいかなければ検証し、改善し、次の施策を練る。そういうビジネスの一連の流れを実行しているからこそ、数字が上がっているのを感じました。
 
 
「お客さんが求めているのは、楽しい空気。マジックショーはその手段。俺たちは、楽しい空気を売っている。」をコンセプトに、マジックだけでなくタレント事務所と提携して有名人の派遣もしています。
 
 
 

秘訣②目的がお金のためではない

これは、①と矛盾して聞こえるかもしれませんが、ビジネス的に数値を追うのとは裏腹に、慶さんがマジックをやる「目的」はお金ではありません。
 
もし、「目的」がお金だとすれば、わざわざマジックというジャンルを選ぶ必要はありません。
 
マジック以外にも、儲かるビジネスはいくらでもあります。実際、慶さんがマジシャンになる前の仕事は不動産屋さんの営業マンで、ものすごく儲かっていました。
 
でも、30歳になる前、生まれて初めて見たマジックショーに衝撃を受けて以来、「自分もこれがやりたい!魔法使いになりたい!」と思い立ち、「マジックを通じて、見る人たちに夢を与えたい!」と思うようになったそうです。
 
そこで、自分の高年収の地位をすべて捨てて、マジシャン一本で自分と家族の生活費をしっかり稼ぐと決めたそうです。
 
 
 
 

③ 奥さんと超仲良し

慶さんは、奥さんのミキさんと超仲良しです。僕も一緒にご飯に行ったときにお二人のやりとりを見ているだけで、それが伝わってきました。
 
奥さんとの関係と収入の大小は一見、関係なさそうに見えますが、実はパートナーシップと収入の大きさが密接な関係があることは、実験で科学的に証明されています。
 
実際、英語には、「マリッジ・プレミアム」という言葉があります。
 
これは、「円満な結婚生活を送ると収入が増える」、という法則を表した言葉です。
 
結婚生活が円満になるのに比例して収入がアップすることは、実は全世界中で科学的に証明されています。
 
そのことを詳しく研究した本がこれです。
 
↓↓↓
 

マリッジ・プレミアム―仕事の成功を約束する結婚生活の送り方

 (↑クリックするとアマゾンの販売ページに行けます)
 
 
もし興味があったら、ぜひ一度読んでみてください!目からウロコの話が満載です!(結婚に対するイメージも、日本と海外ではだいぶ違います)
 
以上、3つの秘訣、
 
①マジックをしっかり「ビジネス」としてとらえている。
② 目的がお金のためではない。
③ 奥さんと超仲良し
 
が、僕が感じた慶さんの経済的成功の秘訣です。
 
 
 

ご本人に直接インタビューしちゃいました!

最後に、「慶さんご本人に話してもらうのが一番確実で早いでしょ!」ということで、僕ら兄弟ニイム&シンヤが突撃インタビューをしました!!
 
 
この突然の依頼を、慶さんは快く引き受けてくれました!
 

アメリカ(風?)のお店を舞台に、これまでの経緯や成功のノウハウを、根ほり葉ほり聞いてしまおう!
 
という楽しい企画です!
 
 
マジシャンとしての成功の秘訣を、惜しみなく語ってくれました!
 
こちらがその貴重なインタビュー動画です。
↓↓↓
 

 
 
ぜひご覧ください!
 
 
※慶さんに迫力のイリュージョンマジックショーを依頼した方は、こちらからどうぞ!
↓↓↓
 
 
 
From 兄シンヤ
 

P.S.
あなたも今すぐマジシャンになれる!秘密の動画マジックセミナーはこちら