サンワダイレクト ワイヤレスマイク スピーカーセット ハンズフリー 拡声器 小型 10W 最大20m 400-SP048

(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)

 

 人前で話す商売をしている人にとって、「声」は命ですよね。お客さんにしっかり自分の声が届くようにすることが大事です。でも、かといって、広い会場で地声を毎回張り上げていては、のどが持ちません・・・

そこで、「マイク」が必要になってきます。
とはいえ、毎回重いスピーカーや、かさばる音響セットを持ち歩くのは大変です。

マイクが常備されている会場ならいいのですが、毎回そういう恵まれた場所で仕事ができるとも限りません。なので、やはりいつでも自分で持ち運べるマイクがあると便利で安心です。

また、僕たちマジシャンやパフォーマーやセミナー講師にとっては、「両手が自由になる」「広い範囲を自由に動き回れる」ことも重要なポイントです。

そんな悩みを解決するのが、ハンズフリーの小型拡声器です。僕は今まで、わずか2,000円で買える、中国製の小型スピーカー拡声器を使っていました。

 

%ef%bc%92fullsizerender%ef%bc%93fullsizerender

 

値段の割に、予想を上回る高性能で、毎回ヘビーローテーションで使っていました。

ヘッドマイクを小型スピーカーに差し込んで、そのスピーカーをベルトにクリップで止めれば、両手は自由になるし、会場を自由に歩き回れます。僕はこの小さなマイクセットがとても気に入っていました。

しかし!!ある日、いつものようにベルトに装着しようとしたら、後ろのベルト装着用クリップが、「パキッ」と大きな音を立てて割れてしまいました!!

img_7668

 

そのときは、本番のショーの前だったので、かなり焦りました!幸い、このマイクには第二の手段として、首からぶら下げるストラップが装着できるようになっているで、その場はそれでしのぎました。

でも、やっぱり首からかけていると重いし、ブラブラしてマジック演技がやりづらいのです。

日本製のワンランク上のモデル

同じものを買い換えても良かったのですが、またクリップが割れると困るなぁ・・・と思いつつ、何か他にいいものがないかどうか、アマゾンで探していました。

どうもこのジャンルの商品ラインナップは、「中国製の激安品」か、「メーカー品の高いもの」の2極化が進んでいます。その中間くらいの価格帯で、日本製でもう少ししっかりしたものはないものか?と思いながら探すこと20分・・・

ありました!!

サンワダイレクト ワイヤレスマイク スピーカーセット ハンズフリー 拡声器 小型 10W 最大20m 400-SP048

(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)

 

機能は全く同じで、さらにプラスアルファーで、嬉しい機能が付いているやつです。

img_7659

 

動画でもレビューしてみました。

 ↓

ハンズフリー × ワイヤレス

なんと!そのモデルは、「ハンズフリー × ワイヤレス」という最強のコンビ機能を搭載していました!

しかも、超小さいです!!

価格は、11,800円。僕の持ってる中国製のモデルの5倍くらいの値段です。あまり安すぎるのはすぐ壊れるような気がして信頼性の面で心配なので、このくらいがちょうどいい価格です。

ワイヤレスということは、今まで以上に自由に動き回れます!

実際に届いたものを見ると、予想以上に小さい印象です。そして、軽いです。こんな小さなボディーに、ワイヤレス機能まで付いているとは!テクノロジーの進化はスゴいですね!

スピーカー

img_7662

 

スピーカーは、とにかく小さくて軽いです。表面の質感もいいです。電池を入れるタイプではなく、充電式です。ACアダプターを本体に差し込んで充電してから使います

ヘッドマイクを直接差し込んで「有線」の状態で使ってみました。

サイズの割に、かなり大きな音を出せます。音割れもほとんどありません。さすが日本製!!(ただし、マックス音量にすると、ハウリングが強くなります)

ワイヤレス送信機

%ef%bc%91fullsizerender

 

クリップ型の送信機は、なんとそれ自体にマイクが付いています!なので、このクリップをジャケットのえりに付けておけば、それだけでピンマイクの役割を果たします。

音を広く拾うので、若干音質は悪くなる感じです。この音質が、ちょうど僕が今まで使っていた中国製の有線タイプの拡声器と同じくらいです。

ヘッドマイク

fullsizerender

 

ヘッドマイクは、頭に当たる部分にクッション素材が入っていて、やさしいフィット感で長時間装着していても疲れません。音をよく拾います。やっぱり、これも質がいいです。

送信機にヘッドマイクをドッキング!

img_7665

 

送信機だけでもマイクの役割を果たしますが、さらにヘッドマイクをドッキングさせると、ワイヤレス状態でもかなりクリアな音が出せます!この「フル装備状態」が、このモデルの真骨頂です!

ただし、この状態にすると、若干の「音の遅れ」があります。わずか0コンマ数秒の微妙な差なのですが、音が若干遅れてスピーカーから出るので、近くで聞くと山びこのように聞こえます。

有線でダイレクトにつなぐと音の遅れが発生しないので、お客さんの目の前で演じる時には有線の方が良さそうです。

どこまで電波が届くのか?

広告には、「20メートル離れても届く」と書いてありましたが、本当か?って感じです。なので、外へ出て実験してみました。

すると・・・

けっこう離れてもいけました!
ただ、10メートルくらい離れた時点で、スピーカーがマメ粒のように遠くに見えるので、これ以上離れる必要があるのか?微妙です。

電波がたまに途切れることが!

そして、たまに電波が途切れることがあります!これは困りますね!いろいろと試してみた結果、次の場合に途切れることがあると分かりました。

① スピーカーを地面に置いたとき

僕は電化製品に詳しくないのですが、電波は低い位置より高い位置の方が受信しやすいようです。地面に置いたらたまに途切れましたが、ためしにカメラ用の3脚に乗せて、高い位置に持ってきたら、受信が安定しました。

② 送信機のボリュームを上げ下げしたとき

送信機のボリュームボタンを押した直後は、通信が途切れやすいようです。一度ボリュームを調整したら、触らずにそっとしといた方がいいかもしれません。

③ 自分が激しく動いたとき

自分が走ったして、送信機の移動速度を上げると、途切れやすいようです。

以上、3つのシチュエーションのときに、電波が途切れやすいと感じました。

使い分けできるのが嬉しい!

この1台で、シチュエーションに応じて使い分けできるのが嬉しいですね!

マジシャンとしては、レストランやパーティー会場などのザワついた席でクロースアップマジックをするときには、スピーカーをベルトにつけて有線でやると良いと思います。

img_7664

 

そして、20~50人程度のサロンマジックをやるときにはワイヤレス機能を使って自由に動きながら客席とステージを行ったり来たりする演技ができると思います。

img_7665

 

さっそく先日のマジックショー本番でデビューさせましたが、問題なく快適に動いてくれました。

あとは、「耐久性」ですが、こればかりは、長く使ってみないと分かりません。(メーカー保証は、6ヶ月になっていました)

「買ってから1週間&本番のマジックショーで1回使った状態」の現時点での感想は、この商品は、「買い」です!

しゃべりを仕事にする人だけでなく、飲み会の幹事や、会社でプレゼンをする機会の多い人にもオススメです。

   ↓↓↓

サンワダイレクト ワイヤレスマイク スピーカーセット ハンズフリー 拡声器 小型 10W 最大20m 400-SP048

(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)

 

From マジシャンシンヤ

※ マジシャンシンヤの無料マジックセミナーこちらをクリック